30代からの深刻な悩み

 

私自身、30代には目の下に肝斑が出来ていました。

日焼け止めを一年中、日常的に使っていても出来てしまうシミ。

 

30代の時は、まだ若いからこんなのシミじゃないと自分に言い聞かせていました。

 

美白化粧品を使って誤魔化していましたね。

 

ところが、40代になるとそんな余裕のある言葉は出なくなるくらい深刻な状態になっていたのです。

 

肝斑以外にもシミやそばかすがあって、ニキビ跡も相まって酷い肌状態に気が付きました。

 

美白化粧品では誤魔化しきれない状態です。

 

テレビコマーシャルで流れるシミ取りクリーム

 

自分には無用だと思っていましたがどうやら力を借りる日がきた感じです。

 

意を決してドラックストアに行くと、様々なシミ取りクリームが売られていたので

手に取って標示なんかを確認してみると効能の違いがあることを知りました。

 

シミ取りクリームの代表格「ケシミンクリーム」を購入予定でしたが

ニキビ跡やニキビケアもできる「メラノCC」を購入しました。

 

自宅で早速使ってみると、ビタミンC配合というだけあって酸味のある香りで

クリームではなく美容液タイプだったので塗りやすかったです。

 

一日二回くらい塗ってみました。

 

気になる結果ですが、肝斑は見事に消えていきました。

 

頬にできたシミも薄くなり、ニキビ跡も少しずつ薄くなっていきました。

 

今では数回のリピ買いをして、今はおでこのシミ取りに励んでいます。

 

シミに医療を取り込んでみた。

化粧品に限界を感じ始めた頃、

手荒れで皮膚科を訪れたクリニック内の壁に

 

「シミにお悩みの方美容液あります!」

 

と製薬会社のポスターが張ってあり、

手荒れの事はすっかり忘れお医者さんに

シミの事を話している自分がいました(笑)

 

早速その美容液(5000円程)と

医者が処方したビタミン内服薬(保険適用で1ヶ月1000円程)を

両方試しました。

 

美容液はシミ取りクリームとは違いサラサラした感じの液体で、

内服薬は錠剤でした。

 

この二つも1年弱程病院に通って頑張りましたが、

ほとんど効果は見られず、皮膚科でも

ダメならどうしたら良いんだろうと、

毎日暗い気持ちで過ごしておりました。

 

そんな時自宅のポストに

「シミ取りレーザー5000円キャンペーン中!」と

美容外科のチラシが入っていて顔にレーザーなんて怖いな・・

でももうこれしかない!

そう自分を奮い立たせ美容外科へ行く事にしました。

 

ただこの5000円って言うのは、

3箇所だけでシミの範囲も決められており、

ほんのちょっとのシミを自分で3箇所選んで

レーザーするという事でした。

 

レーザーを行った後は顔に肌色の絆創膏なような物を貼って

1週間そのままにして置かなければならなくて、

かなり恥ずかしく大きめなマスクで顔を隠して過ごしました。

 

この時まさに真夏の真っ只中!

マスクの違和感と暑さに「しまった~」と後悔。

 

レーザーをする時は冬をお勧めします。

もうこれでシミの悩みは無くなるだろう、と思っていましたが・・。

 

 

私の好きな時間:陶芸

私はクラフトが大好きです。

 

1本の毛糸がマフラーや、カバンになったり、

靴下になったり、粘土の塊が、お皿やお雛様に変身したりする度に、

魔法の様だと感動します。

 

何もない空間から、物が生まれて来るなんて、

なんという神秘でしょうか?

 

私は陶芸が好きで、かれこれ8年習っています。

 

変形したお皿を作ったり、鯉のぼりやツリー、箸置きなど

色々なものを作ります。

 

欲しい物があって、探しに行っても見つけられないことの方が多いし、

見つかっても、とても高くて、買えないこともあるので、

自分で作った方がずっと楽です。

 

もちろん、失敗はつきものですが、上手く出来ることもあります。

上手く行った時は本当に嬉しいです。

 

ふと見ると、自分が作ったカップがあったり、

時計があったりして、心が安らぎます。

時々、私の商品を買って下る方がいます。

 

お友達にプレゼントしたいからと、注文を受ける時もあります。

 

注文して下さったものを作るのは、実は大変ですが、

いつも「作ります」と返事をします。

 

なぜかというと、私は自分の感覚で、私が好きなものを作っていますが、

同じ感覚を持っている人に出会うのは難しいと思います。

 

 

だから、私の作品を見て、素敵だと言ってくれる人が特別だと思えるからです。

 

 

 

目立つシミが顔の頬と目の下に出来た!

気づいたら 40才近くになっていて、 知らぬ間に頬と 目の下あたりに

目立つシミができて しまった。

 

毎日鏡を見るたびに このシミが 存在感を増して

濃くなってくるような気がした。

 

慌てて 美白と言われる化粧品のサンプルを 取り寄せることにした。

 

美白といっても 特にシミに効くものでなければ 意味がないので

シミに効果がある ハイドロキノンという 成分が入った 化粧品が

インターネットで調べたら 有効だということがわかったので、

その成分が 入った サンプル品を何個か買ってみた。

 

一つ目はアンプルール と言う シミに効果がある 化粧品だ。

 

これは 特に美容液に多くハイドロキノンが配合されて いた。

 

早速届いた日から試してみたが、

劇的にシミが薄くなるということはなかった。

 

むしろ美白成分が 逆にシミがないところを白くしてしまって とても困った。

 

二番目にビーグレンと言う 美白に効く 商品を取り寄せた。

 

この商品は 特に肌に害を及ぼさなかったが、

やはりシミが思うように消えることはなかった。

 

ただ肌が全体的に 透き通るような白い感じに なった気がする。

 

二つともサンプル品だったので 続けていれば薄くなったかもしれない 。

 

次はブラジリアンワックスセルフ脱毛に 挑戦してみたい。

エイジングケアとともにシミ取りクリームを

今までの化粧水ではちょっとさっぱりしすぎて、日中乾燥が気になるようになってきたら、

スキンケアアイテムの換え時かもしれません。

 

エイジングケアと呼ばれる年齢に応じたスキンケアアイテムへと少しずつシフト中です。

 

お肌の保湿とともに気になったのが、頬のシミです。

 

そばかすといえばかわいらしいですが、

年令を重ねてからのそばかすは「シミ」として認識してしまう・されてしまうので、

ケアをしないわけにはいきません。

 

エイジングスキンケアアイテムへのシフトとともに、

シミ取りクリームを使用してシミを改善させようと使い始めました。

 

シミ取りクリームランキングを見ると成分はもちろん、値段も様々で、

どれを使用するかかなり迷いましたが、他のスキンケアアイテム同様、

続けられる価格に重きをおいて購入。

 

塗って数日で突然効果が現れるものではありませんが、

2ヶ月ほど使用していたところなんとなく薄くなったような実感がありました。

 

年齢にかかわらず、まだまだきれいになれる余地はあるんだな、と思えたのが嬉しかったです。

 

いろいろな研究が進みこれからもよりよいシミ取りクリームが開発されていくでしょうから、

今使用しているものをリピートしつつも、

新しい情報はしっかりと取り入れて時々のベストシミ取りクリームを

チェックしていきたいと思っています。

 

 

ハイドロキノン配合のシミ取りクリーム

 

肌は綺麗な方だと思っていたのですが、30代になるとシミが気になるようになりました。

 

目立つというほどでもなかったので、当時はドラッグストアで簡単に購入できるホワイトニングの美容液を使っていました。

 

シミを消すほどの効果は感じられず、何となく使わなくなってしまい、以来ホワイトニングのお手入れはサボりっぱなしです。

 

そして最近になって、右の頬の端にかなり大きなシミが浮き出ていることに気が付きました。

 

髪に隠れそうな位置なので、他人には気づかれにくい場所ですが、これまでのシミとはくらべものにならないくらい気になります。

 

慌てて、私にしてはかなり高価なホワイトニングの美容液を買い求めました。

 

就寝前のお手入れで毎晩使っていますが、これといった変化は感じられません。

 

できてしまったシミを消すのは至難の業のようです。

 

市販されているホワイトニングの美容液やクリームには、それほどの効果は期待できないという意見もあるようです。

 

最近気になっているのは、シミ消しに最も効果があると言われている成分ハイドロキノンです。

 

市販のものでも、ハイドロキノンが配合されているシミ取りクリームはかなりの効果が期待できるようです。

 

試してみたいのですが、肌に刺激があるという話も聞き、迷っています。

 

シミはできてからでは遅い、と今更ながらお手入れをさぼってしまったことを後悔しています。”

シミ取りクリーム、使ったことある?

突然ですが、皆さんはシミ取りクリームを使ったことがありますか?

 

ずっと若々しくキレイでいたくても、女性は年齢と共にお肌のトラブルも増えて、

きちんとケアしてもなかなか改善されなかったりと悩みが尽きないもの。

シワや乾燥と並んで、シミというのは女性のお肌の永遠の敵ですよね。

 

もしかすると「まだまだ若いはず…」「何となく使うのが恥ずかしい」という理由で、

悩んではいるけれどクリームを使ったことはない、という人もいらっしゃるかもしれません。

 

たしかに確実にシミが消えるとは限りませんし、中には肌に合わずに荒れてしまった…

なんて事が起こり得るかもしれません。

 

ですがそのシミ、放っておくだけでは何も変わりません。

 

食べ物や飲み物だけでの対策も完全とは言えません…。

 

まずは勇気を出してチャレンジしてみる事も大切ではないかと思います。

 

シミ取りクリームは現在市場に出ているだけでもそれなりの種類があります。

薬局やドラッグストアの店員さんに相談しながら購入を検討してみるのもアリかもしれませんね。

 

クリームを使うことは決して恥ずかしかったり悪いことではないんです。

化粧水や乳液、化粧品と同じように、キレイをサポートしてくれるものと考えてみるといいのかも。

 

 

この美白クリームが使ってみたい

30代も終わりに近づき、朝夕鏡に向かうと「自分、老けたな…」と思うことが増えました。

目元、口元はもちろんですが、気になるのがこめかみのあたりのシミ…

働き始めた20大学前半の若い頃は自由になるお金も沢山あり、

お肌が綺麗だったにも関わらず高い化粧品をフルラインで揃えていました。

 

結婚して子供もいる今となって、お肌はくすみ、かつ自由になるお金もない。

お肌もお金も、あの頃の自分が羨ましくなります。

 

何かお安くて効果がありそうな、シミ取りクリームを探した結果、

今一番気になったは、KOSEの「米肌 透肌美白」です。

 

「お米」「発酵」という、いかにもお肌に効果がありそうなキーワードと共に、

美白成分としてビタミンC誘導体、保湿成分として米ぬか酵素分解エキスやハトムギ発酵液が含まれ

しっかり綺麗を保ってくれそうなところに心惹かれます。

 

そして、若い頃長く使っていた薬用 雪肌精と同じブランドだということも魅力ですね。

今でも美白=雪肌精の青いボトルが浮かんできます。

 

今ならお手軽な値段でフルラインお試し出来てしまうので、まずは試してみようかな…と思います。

1番の楽しみは澄肌CCクリーム。

①クリーム

②日やけ止め

③化粧下地

④ファンデーション

⑤フェイスパウダー

の5役をしてくれるベースメイクアイテム。

 

紫外線カット機能もSPF50+ PA++++の国内最高レベルの優れもので、

かつシミ取りクリームとしても機能してくれるのではないかと期待しています。

シミを上手に隠すコンシーラーはなに?

 

30代も後半を迎え、より一層シミが気になるようになって来ました。

シミ取りクリームを使っても、効果があるのかないのか。

カサつきも気になるので、クリームもこのまま美白を重視するのか、保湿を重視するのか、

お安くてどちらもカバーしてくれるものがあればいいのですが、

どれが良いのかなかなか判断が付きません。

 

今メイクをする時に一番気を付けているのは、「いかに上手にシミを隠すか」

シミが薄かった頃はファンデーションだけで満足していたのですが、

今ではそれだけでは隠しきれません。

 

コンシーラーを使います。

コンシーラーの種類は大まかに4種。

リキッド・スティック・クリーム・ペンシルです。

 

リキッドタイプは使いやすいですが、残念ながら薄いシミしか隠してくれません。

ペンシルタイプは小さなシミ「なら」隠すのに便利です。

 

私は肌に密着しやすく、一度に広範囲をカバーしてくれる

スティックタイプのコンシーラーと色を混ぜて

部位ごとに合う色を作ることの出来るクリームタイプを愛用しています。

 

具体的には、スティックタイプはthe SAMEの「Ideal Duo」

韓流化粧品でお安く、スティックタイプと濃厚なリキッドがセットになっていて、

使い分けが可能です。

 

クリームタイプは、キャンメイクの「カラーミキシングコンシーラー」。

若い子向けのプチプラ化粧品ですが、パレットの種類が豊富で、

販売されている店舗も多く自分に合うものが見つかります。

 

でも…

メイクをして時間が経つと、お化粧が取れてシミが気になって。。

完璧に綺麗にしてくれるシミ取りクリームがあれば1番なんですけれどね。