30代からの深刻な悩み

 

私自身、30代には目の下に肝斑が出来ていました。

日焼け止めを一年中、日常的に使っていても出来てしまうシミ。

 

30代の時は、まだ若いからこんなのシミじゃないと自分に言い聞かせていました。

 

美白化粧品を使って誤魔化していましたね。

 

ところが、40代になるとそんな余裕のある言葉は出なくなるくらい深刻な状態になっていたのです。

 

肝斑以外にもシミやそばかすがあって、ニキビ跡も相まって酷い肌状態に気が付きました。

 

美白化粧品では誤魔化しきれない状態です。

 

テレビコマーシャルで流れるシミ取りクリーム

 

自分には無用だと思っていましたがどうやら力を借りる日がきた感じです。

 

意を決してドラックストアに行くと、様々なシミ取りクリームが売られていたので

手に取って標示なんかを確認してみると効能の違いがあることを知りました。

 

シミ取りクリームの代表格「ケシミンクリーム」を購入予定でしたが

ニキビ跡やニキビケアもできる「メラノCC」を購入しました。

 

自宅で早速使ってみると、ビタミンC配合というだけあって酸味のある香りで

クリームではなく美容液タイプだったので塗りやすかったです。

 

一日二回くらい塗ってみました。

 

気になる結果ですが、肝斑は見事に消えていきました。

 

頬にできたシミも薄くなり、ニキビ跡も少しずつ薄くなっていきました。

 

今では数回のリピ買いをして、今はおでこのシミ取りに励んでいます。

 

シミに医療を取り込んでみた。

化粧品に限界を感じ始めた頃、

手荒れで皮膚科を訪れたクリニック内の壁に

 

「シミにお悩みの方美容液あります!」

 

と製薬会社のポスターが張ってあり、

手荒れの事はすっかり忘れお医者さんに

シミの事を話している自分がいました(笑)

 

早速その美容液(5000円程)と

医者が処方したビタミン内服薬(保険適用で1ヶ月1000円程)を

両方試しました。

 

美容液はシミ取りクリームとは違いサラサラした感じの液体で、

内服薬は錠剤でした。

 

この二つも1年弱程病院に通って頑張りましたが、

ほとんど効果は見られず、皮膚科でも

ダメならどうしたら良いんだろうと、

毎日暗い気持ちで過ごしておりました。

 

そんな時自宅のポストに

「シミ取りレーザー5000円キャンペーン中!」と

美容外科のチラシが入っていて顔にレーザーなんて怖いな・・

でももうこれしかない!

そう自分を奮い立たせ美容外科へ行く事にしました。

 

ただこの5000円って言うのは、

3箇所だけでシミの範囲も決められており、

ほんのちょっとのシミを自分で3箇所選んで

レーザーするという事でした。

 

レーザーを行った後は顔に肌色の絆創膏なような物を貼って

1週間そのままにして置かなければならなくて、

かなり恥ずかしく大きめなマスクで顔を隠して過ごしました。

 

この時まさに真夏の真っ只中!

マスクの違和感と暑さに「しまった~」と後悔。

 

レーザーをする時は冬をお勧めします。

もうこれでシミの悩みは無くなるだろう、と思っていましたが・・。